vol.36 僕たちが夢になりたい

2018年5月30日

1 2 3

――いま娯楽やエンタメが飽和しているなかで、ダンスは流行っています。踊るほうでも見るほうでも、娯楽やエンタメとしてのダンスの強みってなんでしょうか。



タツキ:それこそいまって動画が気軽に見られるのでいいですよね。僕は、みんなで踊っているときのすごいパワフル感、あの勢いと力強い感じを見るのが好きです。踊るほうでは、自分の唯一無二の色が出せるところ。色んなものを見てインプットして、何かと何かを混ぜたらもう僕の色になるし、真似をしていけば憧れのあの人にも近づける。そうやって新しい自分を見つけられるのが、本当に楽しいです!


:自分自身をさらけ出せる場所がダンスだなあと思います。こんなに自分を出せるって他にはないかなと。ダンスは必然的に身体全部を使って全部を見てもらうことになる。嘘がつけないんですよ。そうやって踊っている気持ちよさと、音楽が体に乗ったときの心地よさと、できないものが練習してできたときの喜びとかそれを見て喜んでくださる人たちがいるという楽しさは、ダンスの魅力のひとつだと思います。


ケント:僕はダンスを見るのがすごく好きですね。目で入ってくる情報がやっぱり多くて、そこに曲もあって、没頭しやすいんですよ。例えば悲しい曲で踊るのを見てると泣いちゃうみたいな。映画やTVの表現とはまた違う方法として、ダンスは言葉なしで入り込める。それから、自分のできないことをやってくれるのがすごくいいんですよね。できないものだからこそ単純に感動できるっていうのがあると思います。



――これから、日本においてダンスがどうなったらうれしいか、どうしたいかということをお訊きしたいです。



ケント:どうなったらうれしいか、それはもうやっぱりダンサーが目立つというか……。メディアの特集が「いい振付」ではなくて、「いいダンス」「いいダンサー」「いいダンスグループ」という風になったら、やっぱり変わると思う。わかりやすくひとつ言うのであれば、ダンサーがめちゃくちゃ成功してお金持ちになる、みたいなことが増えないと(笑) 目に見えて、子どもたちがあれになりたいって言ってくれるように。


:体育で必修にというのも含めて、とにかくみんながダンスという言葉に触れたわけじゃないですか。いま、誰でも動画があげられるような時代のなかでダンスがフィーチャーされてる。ダンスってこういうものなんだという認識はされたんですよ。野球が好きな人たちはプロ野球選手になりたいととにかくそこを目指すじゃないですか。でもダンスにおいてはその目指す先がまだないので、次はそこだなと思います。ただ「カッコいいからダンスやりなよ!」じゃなくて、それもひとつのきっかけでいいけど、そこにもっと夢ができるといいなというのが希望でもありますし、いまおれたちが作っていかなきゃいけないところでもあるのかなと。


タツキ:やっぱりイメージが覆んないと難しいですよね。ダンスってやっぱり花形というよりかは周りで花を添えるイメージなんですけど、それがふとしたときに、スポットがぱっと切り替わるような、そんな舞台があってもいい。輸入するのか輸出するのか新しく生み出すのかわかんないですけど、ひとつきっかけがあれば目指す人も増えて変わっていくと思いますきっと。そういうワンアクションがあったら変わると思います。なりたいですね、ワンアクションに。





――それでは最後に、アルスマグナがこの先ダンスでやりたいこと、野望を教えてください。



タツキ:お茶の間に認知されること。いまダンスをメインに勝負してて、お茶の間に認知されているアーティストは少ないと思うんですよ。それのトップアーティストになる。友達との会話で普通にアルスマグナが出てきたり、ダンスサークルのみなさんがアルスマグナを目標としてくださったり、そういう影響を与えるダンスチームになっていけたらいいなと思ってます。頑張ります。


:こうやってダンスを武器にしているグループが、より大きなところへとステップアップしていく事例は少ないと思うので、それを作りたい。もっとたくさんの人に感動を与えたいし見てもらいたいと思っています。あとは「アルスマグナみたいになりたいね」と言ってもらえるようになりたいです。たぶんすごくバラエティに富んでるグループだと思うんです。ビジュアルに関してもそうだし、なぜかコントをやるとか、踊ると思ったらあんまり踊っていなかったりとか、でも踊るときは踊るとか。人を楽しませる手段としてアルスマグナみたいにっていうジャンルができるときっと認知度もあがると思いますし、そのときには大きい会場でもやっていると思います。だからアルスマグナというジャンルをちゃんと確立させたい。


ケント:もうだいたい同じようなことになっちゃうんですけど、アーティストとしてはとりあえずさいたまスーパーアリーナを目指したい。あとは世間一般的に「よくテレビで見る人たち」になりたい。なんかにぶつかってるとかどっかから落ちてるとか何でもいいので(笑) ただこの人たち踊るとすごいんですよっていうところはこれからもしっかり鍛えつつ、広げつつ、やっぱり面白いアルスマグナになっていきたいかなと。もっと色んなことにチャレンジしないといけないんですけどね。そんなアルスマグナになりたいです。



【アルスマグナ×早稲田パフォーマンスサークル 質問コーナー】はこちら

『ARSMAGNA Special Live 私立九瓏ノ主学園 創立記念オープンキャンパス』
@舞浜アンフィシアター
<開催日程>
6/1(金) OPEN 18:00 / START 19:00 ※公開ゲネプロ
6/2(土) OPEN 12:00 / START 13:00
6/2(土) OPEN 17:00 / START 18:00
6/3(日) OPEN 13:00 / START 14:00
※公開ゲネプロはFC会員限定となります。
詳細はhttp://ars-magna.jp/まで

1 2 3

Copyright 2013-2019 All rights reserved, www.waseda-links.com