文化構想学部

【現役早稲田文構合格】3年生から考えた指定校推薦

投稿日:

記事内広告




2018年3月大妻中学高等学校卒業
2018年4月早稲田大学文化構想学部入学

■はじめに

私はもともと高校1年生の頃から文化構想学部が第一志望でした。3年生になるまでは指定校推薦なんて全く考えていなかったです。3年生の4月、友人に推薦の存在を教えられて調べてみたところ文化構想学部の推薦があったので、じゃあ取ろうかなという軽い気持ちでした。

 

■高校1、2年

遊んでいました。定期テスト対策は後述します。
評定は1年の時が4.1で30位くらいで、
2年の時が4.3で順位は1桁台でした。

 

■高校3年

4月に河合塾に入塾。英語、現代文、古典を受講しました。指定校推薦を考え始めるが、受験勉強は一般組と同じようにしていました。
このとき評定は4.81位を取ることができました。

 

■定期テスト対策

友人とテストの順位を競っていたので自然と勉強をしていた。今考えるとあの時競う相手がいたのはすごくよかったと思います。

ただ、私は周りに人がいないと勉強しなかったから基本的に誰かが周りにいる環境で勉強するようにはしていました。

テスト前じゃなくても毎日2時間くらいは机に向かい、数学、日本史、世界史など自分の好きな科目を勉強していました。
テスト前は学校に残って自習。暗記ものはノートやプリントにまとめ、演習系はひたすら問題集を解くみたいな。
苦手科目は先生よりもその科目が得意な友人に質問することが多かったです。

 

■指定校推薦について

私の学校は指定校での受験をあまり勧めていなかったので評定は取りにくかったです。(実際、推薦を取ったのは6人しかいませんでした。)

でも、高3になると学校の勉強をしなくなる人も出てくるので、1、2年の成績に自信がない人でも充分推薦は狙えると思います。

高校によって推薦の取りやすさは変わってくると思うのでまずは調べてみてください。

 

■最後に

ここまで読んでくれてありがとうございます。一般、指定校、AOなど色々な受験の形があるのでほかの体験記なども是非参考にしてみてください。

 

記事内広告




記事内広告





-文化構想学部
-,

Copyright© 早稲田の杜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.