文化構想学部

【現役早稲田文構合格】受験は息抜きを重視しろ!

投稿日:

2019年3月 私立フェリス女学院高等学校卒業
2019年4月 早稲田大学文化構想学部入学

■プロフィール

現役合格

予備校:駿台を利用

受験科目:英語、現代文、古文、漢文、日本史、(小論文)

得意科目:日本史 日本史のオタクです

苦手科目:英語、古文

■早稲田を目指した理由

中3の時に行ったオープンキャンパスで、なんて面白い場所だろうと思ったから。東大や一橋や慶應も行ったけれど、あんなにワクワクしたのは早稲田だけだった。あとでも書くが、大学を選ぶにあたっては自分の直感を信じることがとても大事。

■はじめに

中高一貫の環境に身を任せ全く勉強せず、成績は底辺の状態で高校生になった。

同校から指定校推薦で合格した体験記は既にあるため、この体験記では「底辺でも諦めないで」とお伝えしたい。

■高校1年の時の自分

特に英語と数学が酷かった。駿台模試で偏差値35くらいだった気がする(以下受けた模試は表記がない限り全て駿台の模試)。流石に危機感を感じた母に平岡塾(英語専門塾)に入れられたが、2ヶ月で辞めた。

部活やオタ活に生活の大半を費やし、1年が過ぎる。後悔も危機感もなかった。

■高校2年の時の自分

英語の成績の下がり方が尋常でなかったため、駿台に入塾し英語のみ受講。数学は諦めた。この時点で完全に私文に絞ったことになる。

授業のために最低限予習はしていったが復習はせず。なのに微妙に成績が上がり再試ギリギリラインではなくなった。元ができなすぎたから上がるしかなかったのだと思う。

夏に慶應のオープンキャンパスに訪れ、意識の高い環境でキラキラした大学生活が送れそう、というふわふわした理由で慶應大学法学部政治学科を志望校に決定。

相変わらず部活とオタ活メインの生活を送り、11月に部活を引退。少しずつ自習室に通い始め、英語と、次に苦手だった古文の勉強をした。両方とも文法単語重視で『早稲田の杜』(このサイト)を参考にしながら勉強計画を練った。慶應志望なのに早稲田のサイトを見ていたのである。

■高校3年春の時の自分

高2の2月頃に受けた模試の偏差値は英語45、国語50弱で早慶は程遠い状態。

私は心を入れ替えた。「成績上昇の基本はできないことができるようになること」という駿台講師の言葉を信じ、自分のできないところを分析してとにかく穴を作らない学習をすることを決意。事実、1年間成績は上昇の一途をたどる。

合格手帳を購入し、1年・1ヶ月・1週間・1日の単位でやることを決め割り振った。1週間が終わると計画と進捗を見直し反省。また駿台では苦手な英語と古典をとり、独学の日本史も少しずつ教科書を読み進めた。

最短距離で受験勉強を進めようとする姿勢が大切だと思う。計画はあくまで計画なので柔軟に変更すること、自分が無理なく勉強が続けられる生活リズムを探ることも意識していた。

オタ活は続けた。5月にはライブでぶち上がっていた。

5月の模試は総合偏差値50ほど。早稲田も慶應もE判定だったが、当たり前だと思って気にしていなかった。特に春の模試は現役不利であり、結局判定というものは全く信用ならないので模試の結果は気にしなくて良い、本当に。

ちなみに、駿台のチューターが「E判?こんなんじゃ受かんないよ(笑)」と煽ってきたので内心ブチ切れていたのは内緒である。ただ、彼のおかげで闘志に火が付き勉強にむかえたこともまた事実だ。適切な言葉をかけてくれる人を持てという教訓である。

参考までに勉強時間を書いておくと、平日0〜5時間、休日6時間ほど。体力がないので少ない。学校の課題(レポート)に追われていたのも一因。

■高校3年夏の時の自分

怒涛の夏休み50日間を有効活用すべく、慎重に計画を立て1日のルーティンワークを決めたと思う。

基礎を固める最後の時期だと覚悟していた。

夏期講習は英語の総合講座、古文、日本文化史、小論文を受講。予習は欠かさず、復習は3周はやった。通期講座の復習は5周やった。

高2の11月からやっていた英文法の総仕上げのため、少し難しい問題集を購入し2周。英単語熟語は朝夜に時間を決めてやった。現代文は舐めきっていたが、漢字の勉強だけはやった。

1日の勉強時間は8時間ほど。長い方ではないけれど、その分集中してやっていた。ただ、字面で感じていただける通り急に勉強量が増えたので体がついていかず、8月の中旬が終わる頃には完全にダウン。講習を中旬までに詰め込んでいたのも良くなかった。

夏休み最後の10日間はゲームをしたりライブを観たり出かけたり遊びほうけて過ごした。

と、同時に慶應に通う自分が全く想像出来ず、政治学にも特に興味はなくただ学際的に勉強ができるところに行きたいのではと気がつく。

割と必死で勉強している間、脳裏をちらついていたのは福沢先生の胸像ではなく中3の時に友人に連れられて訪れた早稲田大学キャンパスの混沌とした空間と大隈先生の全身像だった。

元々好きだった演劇や文学や歴史を中心に学際的に学べる早稲田大学文化構想学部に志望を変更。

これ以後、モチベーションは驚くほど上がったと思う。これから受験を迎える皆さんは安易に雰囲気だけで志望校を決めず、自分と向き合い直感を信じて慎重に決定しよう。

夏休み終わりの模試の総合偏差値は60ほど。早稲田大学文化構想学部はC判定が出た。夏休み前半の頑張りが報われて嬉しかったし、最後は遊びまくってスッキリして、モチベーションも変わっていたので燃え尽きたりはしなかった。

■高校3年秋の時の自分

手始めに過去問を1年分解いた。英語5割、国語4割、日本史2割。得意だと思っていた現代文と日本史の点が予想外に低く愕然とし、問題集の演習とインプットを繰り返すことにした。

11月まで過去問は1、2週間に英国1年分ずつのペースで解き、復習を丁寧にやった。未習範囲の多かった日本史はまだ解かず、直前期にとっておいた。

駿台の授業は演習重視に移行していたので、復習に力を入れた。でも前期よりは比重は下げていたと思う。

河合の早慶大OPも受けた。本番の空気を感じようと思って受けたのだが、今考えれば緊張感も環境も全く違ったのであまり意味はなかった。問題は良かった。判定は悪かった。

駿台のクラスリーダーの勧めで平日の大学を見に行った。人が多すぎて圧倒され笑ってしまいつつも、もっと早稲田が好きになり「絶対に入ろう」という気持ちを高められた。

秋はとても短かった気がする。勉強時間は平日2~5時間、休日8時間ほど。春に比べ時間は伸びていたが量的にはあまり進まなかった。模試はBかC判定くらいだった。

■センター試験前

センター対策は1週間前からやった。マーク模試の復習は毎回きちんとしていたし、早稲田が最優先だからこれで良いだろうと思った。

冬季講習で演習慣れと知識の確認をし、現役生の重荷である日本史のインプットをひたすらやっていた。

最重要なのは体調管理。食事睡眠を死守し、おかげで風邪ひとつひかずインフル大流行の年だったにも関わらずピンピンしていた。

最後の模試で受験校全てA判定を叩き出した。

■センター試験結果

日本史オタクが幸いした。英語もコケなかったのが良かったが、古文で大コケ。36点。最後まで文法を重視すればよかった。

英語(筆記)188点

英語(リス)48点

国語 168点

日本史 100点

■一般までの様子

過去問の点数が伸びない。模試ではあんなに良い判定が出た、センターも良かった、なのに早稲田の過去問が解けない。7割のガラスの天井が破れない。

3周目に突入したあたりでやっとクセが分かり出したけれど、いまいちしっくりこなかった。周囲の人が励ましてくれればくれるほど不安だった。

■一般受験の時の自分

不安すぎて朝8時の早稲田駅で泣くという愚行。受験票確認のかわいいお姉さんに「頑張って!」と言われてやっと落ち着いた。

噂の予備校応援は目に入っていなかった。穴場のトイレを見つけたので文構の日も文の日もずっとそこを使っていた。

■早稲田以外の受験結果

○法政大学法学部政治学科 センター利用B方式 合格

政治学を捨てきれず出願。最初の合格通知は純粋に嬉しかった。

○津田塾大学総合政策学部総合政策学科 センター利用C方式 合格

割と本気で行くつもりだった大学なので受かってほっとした。

○明治大学国際日本学部国際日本学科 センター利用3教科 合格

○明治大学国際日本学部国際日本学科 全学部 不合格

センターうまくいかなかったらどうなっていたのだろう&模試の判定は信じるな&最近の私大入試は厳しいことを実感した入試だった。

○上智大学総合人間科学部社会学科 補欠合格

上智大学の最寄り駅は四谷駅なのになぜか手前の赤坂見附で下車し、寒空の下を迷子になりながら30分近く歩いた。日本史の現代史も直前に詰め込んだだけだったから、受かったのは奇跡だと思う。

■早稲田の合格発表

文構は合格発表が最速。社学も出願していたけれど、もう精魂尽き果てて勉強やめて学校で遊んでいた。

絶対落ちたと思っていたので携帯を放置していたところ、母からのLINE通知が届き、桜のスタンプが送信されていることに気がついた。

電話合格発表に鬼電した。何回かけても「おめでとうございます、合格です。」と言われ、ようやく現実を受け入れて友人に報告。共に喜んでくれた。

■早稲田の受験結果

○早稲田大学文化構想学部 3教科 合格

現実を受け入れた私は飛び上がって喜び、すぐさまライブのチケットを取った。

○早稲田大学文学部 3教科 不合格

受かったと思っていたのに落ちていたので拍子抜け。敗因は古文の記述だと思う。受かったと思った試験ほど落ちている法則。

■おすすめ勉強法

○計画

まず赤本・青本の傾向と対策を参考にやるべきことや重点を置くべき勉強を書き出して、年間予定を作る。そこから割り算式に1日ごとの予定を組む(予備日は必ず作る)。模試や小テストなどで弱点が分かったら、克服できるように予定を組み直す。合格体験記や先生の話などヒントになりそうなことは手帳に書き留めて使うべき時に使う。

○音読

もう何人もの人が繰り返し書いているであろう。英語もだけど、古文や漢文にも効果がある。継続命。特に英語は覚えるくらい読む。口をついて文章が出てくるくらいまで。

○英語

文法

青チャートやforestなどの文法書・山口の英文法実況中継・ネクステを文法項目ごとに6月までに5周する(例えば「仮定法」の文法書→山口→ネクステ)。これで文法は完成する。夏に桐原1000をやれば無敵になれる。桐原は直前期までずっとやっていた。

長文

ノートの左ページに英文、右ページに知らなかった文法・構文知識を書き、何度も見返す。全訳は夏くらいまでしかやっていなかったが、今思えば秋以降の過去問も1度は全訳をすべきだったかもしれない。

読解

底辺から始めるなら年間を通して速読よりも精読を優先するべき。

なぜなら、基礎が最優先であり我々には時間がないからだ。基礎が出来上がるのが9月くらい、かつ10月には過去問演習を始めないと複数学部10年分を解ききることはできない。つまり、よちよち歩きから発展演習へシフトする時間が上位層よりも短いため速読を伸ばす時間はとれない。

過去問演習で相当の量の英文を読むことになるので速度はそちらで伸びることを信じよう。実際じわじわ伸びていくので過度に心配しなくてよい。いわゆる速読法には眉唾も多いので注意しよう。

○日本史

流れとしては、

漫画やテレビ番組で流れを掴む→教科書を読む→横に資料・史料を置きながら教科書を読む→一問一答→問題集→教科書

情報は全て教科書に書き込み、一元化する。

問題集は日本史の100題 Z会がおすすめ。

解いていると全く理解できていないことが嫌でもわかるので教科書資料集に戻って勉強し直すのがいい。問題文も解説も読み込もう。

近年早稲田の入試は一問一答型の難問奇問よりも理解度重視に変わって来ているので、文・文構志望でも余力があれば記述問題まで目を通すと良い。

○生活面・精神面

眠い時は寝る。食べたいものを食べる。遊びたいなら遊ぶようにしていた。

完全にストイックにするのが合う人もいれば、余裕を作った方がいい人もいる。私は後者だったので、電車の中で単語帳を見る!と決めていてもやる気が出ないときはやらなかった。

自分の性格を理解し、体力面も考慮しつつ1年間勉強が続けられる生活リズムを作ろう。

加えて、おすすめするのは新聞を読むこと。

理由は、1つ目に受験生は浮世離れした生活で孤独になりがちなので世間との繋がりを保てるから。2つ目が文系教科の問題には世間の流行が反映される場合があるから。3つ目は特に小論文対策が必要な人とって新聞は良いネタ帳だから。

国語力も上がるし、目についた記事だけ読めばそう時間もかからないので新聞はいいぞ。

■在籍学部のいい所/悪い所

いい所は興味に応じて勉強できる制度と環境が整っていること。

留学、演習(ゼミ)、授業、図書館、先生方、その他様々な大学のシステムは自分から動けば応えてくれる。

悪い所は自由すぎるところ。

何もしないで終わる人もけっこう多いらしい。あとは二外が週4の所……。

■最後に

4年間ほぼ無勉の人間は戦略と勢いと憧れで突っ走る以外に道はありませんでした。体力もなかったので、効率的に勉強することを常に考えていたと思います。

でも、受験生の1年間は本当に長いのでたまには私のように遊びほうけたりして、体調を大事にして、マイペースに過ごすのがけっこう大事だと思います。

続けていくうちにだんだん自分の性格や限界が分かってくると思うので、修行僧のような1年になりがちですが、自暴自棄にならず生き延びてください。

記事内広告




記事内広告




-文化構想学部
-, , , , , ,

Copyright© 早稲田の杜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.