文化構想学部

【現役早稲田文化構想学部合格】長崎からの挑戦

投稿日:

2019年3月 長崎○○高等学校 卒業
2019年4月 早稲田大学文化構想学部文化構想学科 入学

■プロフィール

・現役(指定校推薦)
・得意科目:文系科目、苦手科目:理系科目
東進衛星予備校に通ってました

■早稲田を目指した理由

幼い頃から、出版社で働きたいという夢があったから。

文化構想学部の「表象メディア論系」に大変興味があったから。

■高校1年の時の自分

この頃は国公立大学に進学するつもりでした。

全科目を万遍なく勉強しなければならいので、苦手な数学(中学校までに数1Aが終わっていたので、この頃は数2)を必死こいて勉強していました。しかし、あまりにもできなさすぎる。どんなに勉強しても、数学の偏差値は50を上回らない、遂には40も切ってしまう…。この頃は数学にとらわれすぎてしまい、得意だった国語や英語の成績もどんどん落ちていきました。

さらに私はバレーボール部に所属していたのですが、練習内容はハード、休みもほとんどない厳しい部活でした。焦りだけが募っていくばかり。高校一年生の時期は、今でもあまり思い出したくないほど辛かった印象があります。

そして高校一年生の冬、数学と決別する決意をしました。(心の中で)

普段から、英語の成績では都会の高校生に敵わないんだから地方のお前たちはとにかく数学で差をつけろ!と言われていた私にとって、この決断がどれだけ革新的だったことか。

それから英語・国語で無双してやろうと気持ちを切り替えることができました。

ちなみに、ちょうどこの頃から私立大学だけを受けようと心に決めていました。

■高校2年の時の自分

私の高校には国公立に進学するためのカリキュラムしかなく、私立大学志願者のためのコースなどは存在しませんでした。

難関私立大学に進学したかったので、この頃から受験校を意識した勉強、受験勉強を始めていました。

朝から学校に行って夜の7時まで部活、そこから塾に直行して11時まで文系三科目の勉強、そして家に帰って高校の課題を終わらす、という日々でした。

この頃は世界史を除く文系科目は調子が良く、英語に関しては模試の偏差値は60を切ることはほとんどなかったです。

■高校3年春の時の自分

部活に関して最後の試合が迫っていることもあり、かなり部活に力が入っていました。

部活を引退すると、高校では放課後補習が始まりました。

全科目の授業や演習がこの時間で行われるのですが、私文志願者にも理系科目の授業に出席したり、課題を提出したりする義務がありました。

「受験まで一年を切っているのに、放課後の時間も理系科目をするわけにはいかない。志望校に合格するための勉強をさせて欲しい!」と思った私は、進路指導の先生に抗議しました。

そこで提案されたのが、「センター利用で勝負する」ということでした。残念ながら現時点で私の高校には、私大合格のための勉強ができる環境がないから、だったら地方の強み(全科目捨てずに勉強していること)を生かすべきなのではないか、という理由でした。

しかし二年生の頃から理系科目は捨て気味で、一応テスト勉強だけはやってるような状況だったので不安でしたが、先生に言われた通り、センターで点数を稼ぐ方向にシフトしました。

■高校3年夏の時の自分

受験の天王山とも言われる夏休みですが、夏休みも毎日学校の授業・課題があり、自分のしたい勉強をしっかりやって成績が伸びた感覚は全くなかったです。

夏休み中に受けた模試の結果が酷すぎて、半年以内にセンター9割を叩き出せる自信が全くなく、夜な夜な親に「浪人するかも」と泣きながら言っていました。

■高校3年の秋

上記からもわかる通り、私はそれまで推薦入試を意識したことは一度もありませんでした。

9月上旬ごろに指定校推薦枠の生徒向けの掲示が始まりました。自分が行きたい大学の推薦枠なんて今まであったことなど聞いてなかったので、その掲示を見に行くことすら迷いましたが、一応行ってみることにしました。

しかし、行ってみるとその 指定校推薦枠一覧の中には「早稲田大学 文化構想学部」の文字が…
話によると早稲田の推薦枠は今まで2枠だったものがその年から4枠に増えた、ということでした。

今まで一般での合格を目指して頑張ってきたし、何より希望したところで内定をもらえる自信もなかったので推薦を希望するかとても悩みました。信頼できる大人に相談しまくって、結局出願を決意しました。内定を貰い、10月上旬ごろから推薦入試の準備に入りました。

高校では推薦を貰ったことを黙秘する義務がありました。(まあ、周りは敏感な受験生なので、頻繁に職員室に呼び出されている様子から薄々勘付かれていましたが。)

文化構想学部の推薦入試は4000字の志願理由書のみが課せられるのですが、その理由書を書きながら学校から大量に課せられる宿題をこなすのは大変でした。

書き直しを何度もくらい、ある時は読書量が足りないことを指摘され、またある時は勉強と部活しかしてこなかった高校生活を否定されながらなんとか書き上げました。

書いている時は心体共に辛かったですが、この時間があったからこそ自分と向き合って、大学でどんな勉強がしたいのか、何をしたいのかを知ることができた、と感じています。

■推薦の合格発表

○早稲田大学文化構想学部 合格

9月の末には推薦の内定をもらっていました。10月から志願理由書を書き始めました。11月には出願して、12月には無事に文化構想学部の合格が決まりました。

■センター試験前

私の高校では、推薦入試で合格した人も国公立大学の受験が義務付けられていました。現社で受験可能な大学に絞られていたのですが、ぼんやりと「東京外国語大に受かったらかっこいいなあ」と思い、東京外国語大に合格することをモチベーションに勉強しました。

■センター試験結果

英語 180点
国語 164点

世界史 90点
現代社会 60点
数1A 68点
数2B 50点
理科基礎 52点

Σ664/900 73%

■一般受験までの様子

センターを受けて、東外大のマイナー言語だったら合格も夢じゃないと思ったのですが(数2B使わないし、理科基礎の傾斜配点も低いので…笑)、担任の先生からあまりにも無謀だから他を受験するべきだと言われ、横浜市立大学の国際商学部を受験することにしました。

その日から本や日経新聞を読んで経済についての知識をインプットしながら過去問を解きまくりました。(科目は英語と小論文です。)

■一般受験の時の自分

アパホテルに宿泊しました。エントランスの熊本県出身のお姉さんが、私が同じ九州出身であることを喜んで応援してくださったのがとても嬉しかったです。

当日は開門の約一時間前に大学についてしまい、雨の中ひとり、受験者の列の一番先頭に並んで単語帳を見ていました。

試験中は特に緊張せず、落ち着いて受験できました。

■受験結果

○横浜市立大学国際商学部A方式  合格

合格国公立にしては倍率がそこそこあったので不安でしたが、合格できてよかったです。

そして何より、自力で合格を掴みとれたということが自信になりました。

■最後に

私は長崎県出身で、私立大学に関する情報が皆無と言ってもいい状況で受験を迎えました。同じように地方で受験勉強をしている人はWebなどを積極的に利用するいことが大切です。

情報をできるだけ多くの人たちの話や意見を取り込めるように、早い時期からアンテナはっておくことが大事だと思います。

記事内広告




記事内広告




-文化構想学部
-

Copyright© 早稲田の杜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.