文学部

【現役早稲田文学部合格】サンシャイン池崎の合格体験記イェーーーイ!!!

投稿日:

記事内広告




2018年 3月 東京都立新宿高校卒業
2018年 4月早稲田大学文学部入学

 

■早稲田を目指した理由

私立大学の中で最も有名で家から近かったため。

 

■高校1年〜高校3春までの自分

定期テストや宿題等を含めて最低限の勉強すらしていなかった。国語が得意で数学が不得意、また興味がある学問も文系に集中していたため文系を選択した。

 

■高校3年夏の時の自分

周囲の人間達が徐々に受験へ本腰を入れていく姿を見ながらも、一切モチベーションが上がらず勉強時間を確保することができなかった。古文の問題集をただ一冊終わらせた。

 

■高校3年秋の時の自分

9月から河合塾に通い始め、周囲の人間を見てさすがに勉強しなければまずいという意識が芽生えた。この時期から世界史 英単語 英文法を始め、基礎に時間を費った。また、英語の読解力もあまりなかったため、暗記と並行して長文をひたすら読むことで読解力をつけた。国語はもともとかなりできたため、ほとんど勉強せず古文のみ基礎固めを隙間の時間でやった。

 

■センター試験前

無駄な対策に時間を使いたくなかったため受験校を絞り、早稲田のみ3学部受験にすることにした。興味があった文学部 文化構想学部 そして最も偏差値が高い政治経済学部を受けることに決めた。
センターの結果は一切利用しなかったため、早稲田大学の過去問ばかりやっていた。このころは過去問の得点率から考えて、早稲田文学部と文化構想学部は受かるだろうと思っていたので安心して勉強できていた。

 

■センター試験結果

85%だった。復習だけした。

 

■一般までの様子

友人達と学校の自習室に一緒にいた。1人ではどうしても携帯を触ったり気が散ってしまったので、友人達と相互監視しながら勉強できたのはよかった。
過去問演習をひたすら繰り返し、英国は受験学部のみ演習、世界史は知識量を増やすために、リード文が気に入った慶應文学部を15年分解いた。
英単語帳が結局終わらなかったのが心残りだ。

 

■一般受験の時の自分

とても落ち着いて受験できたと思う。政治経済学部は解きながら不合格を確信した。

 

■早稲田の合格発表

文化構想学部、文学部は手応えから受かるだろうと思っていたし、合格がわかると喜びより浪人しなかったことの安心を強く感じた。政治経済学部は不合格で、これも予想通りといった感覚だった。

 

■受験結果

文学部 文化構想学部の合格は、とにかく過去問の演習をし続けたことが活きたのだろうと思う。政治経済学部の不合格は、世界史の不勉強だと感じた。

 

■最後に

受験勉強を始めるのが遅く、基礎を固める時間がなかったため、演習量を増やしその中で基礎力をつけるというやり方しかできなかった。結果として受かることはできたが、決して正攻法ではなかったし常に不安だった。ただ短い時間の中で、最低限やれることを探し、最低限できたことはよかったと思う。

 

記事内広告




記事内広告





-文学部
-,

Copyright© 早稲田の杜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.