勉強法/生活 受験コラム

【E判定で政経現役合格】センター後の勉強法インタビュー!

投稿日:

記事内広告




ここでは、センター利用全落ち、受験当日まで政経E判定だったのに現役合格することができた政治経済学部のT.Hさんにセンター後の過ごし方についてインタビューを行いました!

Q:センター後にすべきことはありますか?

試験当日の日程に合わせた勉強。たとえば、早稲田大学の入試では、午前中に英語の試験があるので、勉強するときも、午前中に英語を勉強してました。

あとは、センターという一つの区切りがついたので、息抜きも大切でしょう。僕は『金色のガッシュベル』(全33巻)全巻読みました。笑

Q:センター後には何を重視して勉強していましたか?

英語長文と英作文には力を入れました。単語学習の継続も大事です。逆に早稲田大学では、文法を重視しない学部が多いので、文法の時間は減らしました。でも、文法が出る学部もあるので、そこは臨機応変に対応してください。

次に、日本史は一ヵ月間の勉強で一番伸びる科目です。詰められるだけ詰めてください。単に暗記するだけでなく、教科書を読んで日本史の流れや、単語ごとの説明ができるようにしてください。そうすれば、論述対策にもなり、日本史の点数もおのずと上がるでしょう。

Q:センター後に私大の勉強に素早く切り替えることはできましたか?また、どうすればできますか?

できました。私大志望の人たちはセンターなんて正直受かればラッキーぐらいの感覚で受けてるでしょう。逆に、それぐらいの気持ちでうけなければ、センターで落ちた時のメンタルがやばい。

自分はセンターの問題がやや苦手でしたので、私大一般の勉強がようやくできる、という感じに切り替えができました。センターでMARCHの上位校を抑えてる人は少ないです。そう考えれば、リフレッシュして勉強できるでしょう。

記事内広告




記事内広告





-勉強法/生活, 受験コラム
-, ,

Copyright© 早稲田の杜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.