社会科学部

【浪人早稲田社学合格】現役全落ちの反省と失敗した予備校選び

投稿日:

記事内広告




2016年私立武蔵高等学校卒業
2018年早稲田大学社会科学部入学

 

■滑り止め校の早稲田

現役時も一浪時も京都大学を目指していましたが不合格で、滑り止めとして受けました。
上位国立大の滑り止め私大の早慶のうち慶應に進学した奴より早稲田に行った奴の方が馬が合いそうだったので早稲田にしました。

 

高校1年の時の自分

高校が中高一貫でしたので受験のことは考えていませんでした。

けれども周りが塾に行き始める中で不安を感じ塾に行くことにしました。

英語平岡塾(英語単科のスゲー塾。週一。渋谷にある。月謝が安い。宿題の量が多い。宿題さえやってれば成績が上がる塾。講師陣もハイスペックばかり。おすすめ。)

国語(古文漢文現代文)ニルの学校(塾長がすごい人。代々木にある。月謝が高い。受付の人がみんな女子大生。ここのオリジナル単語熟語集以外は他の塾と一緒だから良いと思うけどおすすめはしない。)

 

高校2年の時の自分

高校は上位進学校でした。
真面目で堅実で受験を舐めていない人はコツコツと勉強をしていたようです。
自分は受験を舐めていた側だったので「東大京大一橋は高三になってちょっと頑張れば手が届く。早慶は東大とか目指していれば実力でオーバーキルで合格できるから大丈夫。」と考えていました。

 

高校3年春の時の自分

平岡塾は高2の冬にクラス分けがあります。
SSクラスに入れば金曜日でも東大に行く人は安定していますがSAだと第一志望に受かって行く人は少ないような印象を受けます。
自分は宿題をさぼったりとか単語覚えなかったりしてたらSA月クラスになってしまいました。
楽しかったですけどね。

平岡は単語を全くやらないので自分でやるしかありません。
クラス分けテストの後春から夏にかけてシス単を45章含めて全てやったらやっと英語は成績良くなりました。

ニルの学校をやめました。
単語帳もらってそれ眺めてました。
ニルの学校の現代文の文章が面白くて、出てきた文章の出典の新書を帰りにブックオフで買って読んだりしてました。

東進に行き始めました。

しかし、東進ハイスクールーこれは間違いだった。

ネットを探せばいくらでも出てくると思いますが、東進はダメです。
彼らはビジネスマインドでいかに成績が上がりそうもない生徒に授業をとらせるかしか考えていません。
ほぼほぼ東大合格間違えなしの生徒を全国高校生テストで青田刈りして合格実績を作ろうとしているし、校舎のチューターはブラック企業みたいに生徒を縛ってくるし疑うという漢字が書けないし”compromise”を「コンプロミス」と音読させるし、そもそも東大に合格したい生徒に付けるチューターが明治大学の学生であるのも意味わからないですよね。
マイニュースジャパンで検索してくれれば出てきます。

とにかく、僕は絶対に東進には行ってはいけないと思う。

 

高校3年夏の時の自分

社会できなかったのに数学が楽しかったから数学をやってました。

Zの基礎問題集「チェックアンドリピート」がオススメです。これ2周したら数学の点上がったし安定しました。さっき東進ダメダメ言ってたけど「数学ぐんぐん」もおすすめです。ぐんぐんも2周したら数学点数上がりました。

社会は必死になって文英堂の「時代と流れで覚える世界史用語」をやりました。

 

高校3年秋の時の自分

時代と流れで覚える世界史用語をやりつつ、東進のコスパがクソみたいに悪い映像授業を見てました。過去問は東進の通りに進めてましたがまあダメですね。採点適当だし答案も小さいし。

東進は宅浪できる人とか一人で黙々勉強できる限られた人がその処理効率化のために使うものであって、東進に頼ったらもうダメです。カモになって不合格通知高額な請求書が来るだけの未来が待っています。

センター試験の対策も東進でやってましたね。ふつうに赤本買った方が何倍もいいのにお金をドブに捨ててましたごめんなさい両親。

 

センター試験前

センター試験対策です。

国語は運だろとか言って半ば諦めてました。京大は2次に漢文でないし。

数学は11月ぐらいからバリバリ解いてました。平均して85分で安定するまで解きました。流れるように解いて行くのがコツです。

地理はよくわかりません。常識で解いてました。なんとなく。

世界史はマジでやばかったのでひたすら時代と流れで覚えるやつを読んでました。2次の過去問でも論述なんか分かるわけないのでこのころから落ちる予感はしてました。

化学基礎と地学基礎をテキトーに駿台青パックVでやってました。

 

センター試験結果

センター

現役一浪

世歴81→97

地理71→94

国語138→185

71/30/37→85/50/50

英筆194→186英聴44→40

化基43→50

地基43→39

1A92→79

2B87→72

合計749→802 (リスニング抜き)

 

○センター利用結果 現役時

早稲田大学教育学部 不合格

早稲田大学文学部 不合格

○センター利用結果 一浪時

明治大学法学部法学科3,5 合格

早稲田大学商学部 合格

早稲田大学社会科学部 合格

 

一般までの様子(現役時)

早稲田壊滅的な世界史に絶望しつつ過去問を2年分しか解かなかったら落ちました。

 

一般受験の時の自分(現役時)

絶望してた。ちょっと浪人のことは考えたくなかった。早稲田のときも京大のときも。

 

受験結果 

現役時《全落ち》

○国際基督教大学教養A 不合格

○早稲田大学教育学部(英国世) 不合格

○早稲田大学文学部(英国世,英国セ併) 不合格

○京都大学教育学部(英数国世) 不合格

まあ、当然ですよね。

 

浪人の春

駿台の京大コース行きました。友達は作りませんというか落ちたのでできませんでした。辛いぞ、学生証提示する時駿台の学生証出すの辛いぞ。定期買う時とか。

 

浪人の夏

夏期講習はあんまりとらなかった。東進の時の反省あったし。夏は暑いし家でやってました。

世界史は茂木誠が茂木せかチャンネルで講義音声とプリント配布してるからそれ全部ダウンロードして、あと茂木の通常授業潜って、茂木の夏期講習受けてました。めっちゃいい。超おすすめ。

浪人の秋

茂木誠の世界史音声をひたすら聞いてた。プリント穴埋めやったらなんか論述もできてきた。

 

浪人のセンター試験前そして・浪人のセンター試験結果

地歴いい感じでした。過去問赤本で全部やりました。できなかったのには付箋つけて本番まで何度も何度も回しました。

国語いい感じでした。音読しました。漢文は駿台のテキストを毎日音読しました。古文はセンター過去問を音読しました。もう国語は音読しかしてないと言っても過言ではない。

数学は癒しだったので息抜きの解きました。

浪人のセンター後。

世界史を浪人してまたみっちりやったものの、早慶レベルの世界史は無理だったので数学で受けられる私大を滑り止めにしました。早稲田は社会科学部と商学部がそれで、過去問を5年分それぞれ解ききりました。数学の平均点と過去問の感触で、数学で差をつけられると確信してました。結果、その通りになりました。

 

○明治法全統(英数国世) 合格

○上智法地環(英数国) 合格

○上智総人社(英数国) 補欠合格

○慶應義塾大学経済学部A(英数論) 不合格

○慶應義塾大学商学部A(英数世) 合格

○早稲田大学商学部(英数国) 合格

○早稲田大学社会科学部(英数国) 合格 

○京都大学文学部(英数国世) 不合格

 

早稲田の合格発表

京大発表前で、後期は出願してたけどその時には上智受かってたので高校のもう大学生になってる同輩と遊び行ってた電車の車内で代わりに聞いてもらいました。まあ普通に受かってたんで喜びました。

 

受験結果

早稲田大学社会科学部に進学しました。商学部よりも自由度高そうだったからです。

 

最後に

一般で受ける人は受験制度なんてくそくらえって思ってることでしょう。
その通りだと思います。
大学は勉強したい人が行くところなんだから、行きたい人が一人でもいればその学力レベル問わず受け入れるべきだと思います。

考えてみればおかしくないですか、過去問は解いたら復習しますよね。
でも本番の問題は解いた後復習しません。
なぜか、入試問題は学力定着度を測るテストではなく選抜のためのテストだからですね。
選抜しなくていけない理由はとどのつまり、あなたやわたしが生まれる前にすでに世間があったからです。
そして世間があまりにも大きく我々一人はそれをなんとかしようとするにはあまりにも小さい。

なんかもう、受験勉強なんかしないで田舎のイオンにいる人たちみたいに気楽なバカになってみたかったと思うことも多々ありますが、それでもある頭を使うとたまにですが新しいことを知れて嬉しくなったりできないことができるようになって嬉しくなって、それでやっと生きていこうかなとなるわけで勉強はその嬉しみを見つけ人生を豊かにする手段であるわけでありますから、話がどこに着地するのかよくわかりませんが、第一志望に合格できなくともその楽しみを見つけ、話が合う人を見つけ、過ごしてくださいそして少しでもレベルの高いところの方がそういった喜びと出会える可能性は高いですので頑張ってください。
ゼクシイのキャッチコピーで「結婚しなくても幸せになれる時代に私結婚します」ってありましたけど勉強もそんな感じでしょう。
別にしなくても幸せに楽しく暮らせますが学び習う楽しみはあるので。

誰にでも門戸を開いているのは放送大学です。放送大学校歌は今言ったことが歌になっているので一度聞いてみてください。

 

われら どこから来てどこへ行くのか

生きるとは知ること知ることはよろこび

知は力 よりより生を拓くため

朝に夕に親しい友と

語り合いともになまぶ

開かれた大学 放送大学

 

記事内広告




記事内広告





-社会科学部
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 早稲田の杜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.