商学部

【現役早稲田商学部合格】旧帝大を蹴って早稲田に進学!

投稿日:

記事内広告




2018年3月 新潟県立新潟高等学校卒業
2018年4月 早稲田大学商学部入学

 

■早稲田を目指した理由

東京に漠然とした憧れを抱いていて、大学進学を機に上京したいと思ったから。

 

■高校1年~高校3年の春の自分

部活を言い訳にするのはよくないが、部活が大変であまり勉強していなかった。

最低限の予習と定期テスト勉強しかしていなかったので、数学が苦手になってしまった。

物理も苦手だったので、文系を選んだ。

受験のことは何も考えていなかった。

 

■高校3年の夏の自分

部活を引退して、受験勉強を始めた。
夏休みは国立用の数学に力を入れた。
数学は解法を覚えてまねるとよいと聞いたのでチャートをひたすら繰り返したが、どうしてその解法を使うのか理解していなかったのがよくなかった。

併願先の私立大学を探していて、早稲田大学について調べた。

すると、学生数がとても多く、様々なサークルがあることが分かり、充実した大学生活を送れるのではないかと思った。

東京への漠然とした憧れもあり、早稲田大学を受験することにした。

 

■高校3年の秋の自分

秋からは図書館で勉強した。

世界史は縦と横のつながりで整理したが、ある事件がなぜ起こったのかを理解していなかった。

10月ごろから早稲田大学の世界史の過去問を解き始めた。
自分では基礎ができていると思っても、問題を解いてみると意外に抜けている部分が多かった。
だから、過去問は早めにやってもいいと思う。

11月ごろに東北大学の模試を受験したのだが、古文で源氏物語が出題され、何もわからなかったので焦って古文に時間をかけ始めた。

たまに息抜きに漫画を読んだ。

 

■センター試験前

学校の授業が演習形式になり、緊張感が高まってくる。

来る日も来る日もマークシートを塗り続けると、勉強中ではなくても鉛筆と紙がこすれる音が聞こえるようになった。

数学が時間内に終わらなかったので、数学に集中した。
数学のセンター試験の過去問はもっと早く始めるべきだった。

 

■センター試験後

得点率はおよそ86%だった。

英語の長文で間違えたことが響いた。
世界史は満点をとれた。
数学は結局時間内に終わらなかった。

政経の英語は英作文があるため、先生に添削していただいた。
それ以外はひたすら世界史の過去問を解いた。

 

■一般受験の時の自分

政治経済学部商学部を受験した。

直前まで世界史を詰めた。

政経は英語で自信をもって正解だといえる回答がほとんどなかったため、不合格を確信した。

 

■受験結果

○明治大学政治経済学部(センター利用) 不合格

ボーダーは81%だったが落ちたので衝撃だった。

○東北大学経済学部 合格

合格できてよかった。

■早稲田の合格発表

政経は不合格を確信していたので結果を見ても、「まあ、当然だな」という感じだった。

商はわからなかったので期待と不安が半分ずつだったが、結果的に合格できたので良かった。

■早稲田の受験結果

○早稲田大学政治経済学部 不合格

敗因は英語の勉強不足。

○早稲田大学商学部 合格

ひたすら世界史をやったのが報われてよかった。

■最後に

受験全体を通しての反省は次の二点。

•計画を立てなかったこと

•表面的な情報だけを追いかけて、なぜそうなるかを理解しようとしなかったこと

あと、少しくらいなら勉強以外のことをしてもいいと思う。

記事内広告




記事内広告





-商学部
-, , , , , , ,

Copyright© 早稲田の杜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.