文化構想学部

【現役早稲田文化構想学部合格】大きな自信につながった受験勉強

投稿日:

記事内広告




2015年3月 東京都立国際高校卒業
2015年4月 早稲田大学文化構想学部入学

 

早稲田を志望した理由・時期

  私は特にやりたいことや将来の夢などはなく、そこその大学に受かれば良いと思っているくらいの人間でした。
高校がAOや公募推薦に強い伝統があったので、私も推薦で行こうとずっと思っていましたが、なかなか行きたいと思える大学を見つけることができませんでした。
でも、高校2年生の秋に行った早稲田祭でのサークルのパフォーマンスをいくつか見たり、全早大生が本当に楽しそうに早稲田祭をやっているのを見て心が打たれました。
今まで早稲田なんて視野に入れてすらいなかったけど、早稲田に興味を持ち始めて調べたら、文化構想学部の他大学ではあまり学べなさそうな面白い授業に惹かれたり、興味が定まっていない自分でも幅広い分野が学べると思い、文化構想学部を第一志望に決めました。
ところが、調べてみると文化構想学部に推薦入試はなく、指定校推薦は高校になかったため、今まで考えたこともなかった一般入試しか道がありませんでした。
推薦のために積み重ねてきた成績などが無駄になってしまうことや、全く一般入試に向け塾へ通ったことがなく対策を始めてないことなど不安な要素はたくさんありましたが、自分はきっと文化構想学部なら楽しい大学生活が送れると思い、一般入試で文化構想学部を目指すことを決めました。

■塾を始めた高3の5月

とりあえず塾へ通わなくてはいけないと思い、家からも学校からも通いやすいところに入りました。
高校の担任の先生と話し合い、私は国語と世界史のみ塾の授業をとり、英語は学校の授業と独学で学ぶことにしました。
塾は必ずしも入るべきものではないし、自分でできるなら独学で受かる人もいます。
いろいろな人と相談して決めてみてください。
私は一般的な受験生のする勉強をすぐには始められず、5月の初めの体育祭が終わったところで、そろそろやばいなと思い本格的に受験勉強のみの生活を始めました。

■部活を引退してから夏まで(私は3月に部活を引退しています)

よく、推薦じゃなければ学校のテストは何もしなくてよいと言われますが、私はある程度は勉強して定期試験に臨みました。
あくまで受験勉強をメインにしていましたが、いつも支えてくれる先生方への恩返しだと思って、良い成績を残せるよう手を抜かず頑張りました。
また、私は塾の自習室が苦手だったので、学校の図書館に朝早く行ったり、放課後やお昼休みの短い間も図書館に通うようにしていました。

■基礎固めの受験の夏

得意な英語は単語と英文法を詰めて、英長文に読み慣れるためにも1日1つ(早稲田など難関は週1程度、ほぼ毎日基礎~中堅程度のもの)は解くようにし、センターの文章をいかに早く正確に読めるかに挑戦していました。
世界史はとりあえず塾のカリキュラムに従い、少しずつ基礎的な問題集に復習しながら取り組みました。
この時期から重要な地名の場所を地図でしっかり見ておいてください。
センターはもちろん、私大入試に地図問題は必須です!国語は、苦手な古文は早稲田レベルではなく、基礎的なレベルの授業を塾でとりました。
この夏休みの古典の基礎授業のおかげでようやく読み方が分かり、秋以降すらすら読めるようになったので、あの時背伸びして早稲田向けをとらなくてよかったなと思います。
よく言われることですが、夏休みは慌てず基礎を固めましょう!漢文は塾で1つ授業を取ったくらいです。
ある程度は読めるようにしておきましょう。
現代文は、2,3日に1度は基礎的なものを読むようにしていました。
塾では基礎的なものと、最後の方で早稲田向けの授業もとりました。
また、夏休みの中盤あたりで、第一志望の過去問(最新ではなく2,3年前のもの)を一度全教科解いてみることをおすすめします。
どのくらい解けるのかを知る目的ではなく、どのような問題が出るのか、これからこの問題を解けるようになるためにどのような勉強をしていくべきなのかを知るためです。
結果に一喜一憂して自信を無くさないでください! 私もこの時解いた文化構想学部の過去問は4割を切りました(笑)。文化構想は国語の融合問題がとても特殊なため、秋以降に初めて知るのではなく夏に出題傾向を知ることができてよかったと思いました。
あとはひたすら、センターレベルの基礎を固めていきましょう!

■苦手分野を克服した秋

2学期になると学校に来なくなる人が増えてきますが、私は無遅刻無欠席で授業に出ました。
上でも書きましたが、授業を平気で休むのは受験生である私たちを支えてくれる先生方にとても失礼なことです。
私の周りでも、ちゃんと最後まで学校に来てやるべきことをやっていた子が受かった傾向があったような気がします。
ちゃんと学校は行きましょう! 朝早く図書館へ行き、早弁してお昼休みも図書館へ行き、閉館ギリギリまで図書館で勉強し、近くのカフェで夜ご飯まで勉強しました。
そして夜も2時間くらい勉強しました。
そんな毎日だった気がします。
赤本も早稲田のもののみを解くのではなく、併願校やセンターもある程度は解いておきましょう、後が大変です。
もちろんこの時期の赤本の正答率は5割をきることもしばしばありました。
そんな時でも毎回ちゃんと復習をして、抜け落ちていた単語や自分が勉強足りない分野などを把握しました。
この時の丁寧な復習が、時間をおいてもう一度繰り返して解いてみた時の正答率の向上につながった気がします。
また、英語の一行要約の練習も学校の先生に見てもらっていました。

■センター対策の冬

冬休みは私立大よりセンター対策に重点を置きました。
センターの赤本は5年分(正答率の低かった国語は7年分)解きました。
あまり古すぎると問題傾向も違うので、センターの赤本はそこまで何年もやる必要はないかなと思います。
もちろん、早稲田志望の人は8割以上を目指して頑張りましょう。
特殊な国語はそれなりの対策が必要ですので塾で対策の授業を取ったりしておきましょう。
世界史も資料集を見て地図問題の対策もしておきましょう。

■試験慣れのつもりで受けたセンター試験

早稲田志望の人たちはセンターで併願校を抑えることを目指す人もいますが、私はあまり期待しすぎず、試験慣れのつもりで挑みました。
会場は高校の人たちがたくさんいて気が散ると思いますが、少しの休み時間でもなるべく話さないようにしましょう。
気が散ってしまうので、私は休み時間は英語のリスニングをイヤホンで聞いて一人の世界に入っていました。

◯センター試験結果

英語 170
英語リスニング 42
国語 146
世界史 89

あまり良い結果ではなかったので、もう私大入試で挽回するしかない!と思ってより一層気を引き締めようと思いました。

■精神的に追い込まれた入試直前期

センターが終わると、訳もなく急に精神的に辛くなってきました。
この時期は、何故自分は推薦を目指さなかったのかなど後ろ向きなことばかり考えてしまい、精神的に病んでいたと思います。
でも1か月を切っているのにもう立ち止まれないし、ここまできたら早く終わってほしいという思いも強かったです。
併願校の試験日程などのスケジュールに合わせて、早稲田をメインにいろいろな大学の赤本を何度も繰り返しました。
特に第一志望の文化構想学部は7年分を3回から4回、何度やっても正答率の低いものはぎりぎりまで繰り返し解きました。
入試が終わったらやりたいことリストも紙に書いて、モチベーションを高める工夫もしていました。
塾の授業も終わり、家から出ずにずっと勉強していた毎日でしたが、その分体調管理がなっていなく、文化構想の入試あたりから微熱が続いてしまいました。
この時期は赤本の高い正答率も大切ですが、体調管理が出来ず入試を休むのが一番危険です!体調管理はしっかりしましょう。

■体調不良の中での入試、そして結果

先ほども書いたように、私は文化構想の日に熱を出し、その後も続く早稲田の入試ウィークはほぼ熱があるまま受けました。
体調管理がなっていなかったことの悔しさ、熱があるとい不安に襲われましたが、周りの早稲田志望の人たちに風邪をまき散らそうという吹っ切れた気持ちで受けることを心がけました。
ここまできたらもう立ち止まれないし、出来なかった勉強を悔やんでもしょうがないので、やるしかありません! まず英語の試験の前は、何度も読んだことのある文章を読んで、頭を英語に切り替えました。
単語帳を見るのも手ですが、逆にパニックになりそうかなと思ったので、私は見慣れた文章を読んで今までの勉強してきたことなどを思い出して安心しようと思いました。
国語も同じく、読み慣れた現代文や古文を読んで、英語の横書きから漢字ばかりの縦書き文章に頭を切り替えるようにしました。
世界史は、よく出題される古代や文化史を重点的に確認しました。
自分がこの教室で一番頭が良いと思って試験に挑みました。
今までの努力を思い出して精一杯頑張ってください!

◯受験結果

・早稲田大学文化構想学部 合格
・早稲田大学文学部 不合格
・早稲田大学教育学部地理歴史専修 不合格
・上智大学文学部史学科 補欠不合格
・立教大学文学部史学科 全学部日程 不合格
・立教大学文学部史学科 個別日程 合格
・学習院大学文学部史学科 合格

実は文化構想学部が一番手ごたえなく少し不安だったのですが、文化構想のみ受かっていて自分でも驚きました。
それでも電話越しの「おめでとうございます。合格です」という言葉は今でも忘れられないくらい嬉しかったのを覚えています。

■参考教材・勉強

  基本塾の教材で勉強していました。
2年前のためあまり教材名を覚えてないのですが、覚えているものだけ……。

世界史一問一答(東進)…マストです。東進が一番網羅していておすすめです!
漢文早覚え速答法…漢文はこれ一冊で十分なくらいです。
速読英単語(上級)…上級を覚えたら早稲田の英文がだいぶ読めるようになると思います。
全解説頻出英文法語法問題1000…これは出来なかった部分を何度も何度も繰り返してください! 英文法は暗記したら実際に問題を解くことが大事です。

 

■最後に

合格するためにはたくさん勉強することがもちろん一番大切なことですが、それよりもずっと心がけてきたことがあります。
それは合格発表で「ああ、もっと勉強しておけばよかった」と後悔しないように、受かる・受からないという前に精一杯勉強しようということです。
少し厳しいことを言いますが、受験は受かる人もいる分受からない人ももちろんいます。
1年間の受験生活を終えた時、もっと努力出来たかもしれないと後悔することが一番怖いです。
結果の前に、自分はこんなに勉強して、こんなに努力してきたから受験してよかったと思えるくらい勉強してください。
早稲田に対する思いが強ければ強いほど、大隈さんも見ていてくれています。
実際、早稲田大学ほど自分の大学に愛校心を持てる大学はなかなかないと思うし、早大生になれて本当によかったなと思います。
自分は学校の試験勉強が得意だったので高校も大学も推薦で行こうと思っていましたが、結局どちらも一般試験で行くことになりました。
推薦を選ばなかった自分を恨んだことも何度もありました。でも、今は一般試験という道を選んで本当によかったと思います。
卒業式でも3年間の皆勤賞を貰い、担任の先生や親に、受験勉強と学校の勉強を両立して本当に立派だよ、と言われて本当に嬉しかったです。
今ではあの辛かった1年間が生きていく自信になっているし、大学の授業でも受験勉強で習ったことを活かせる機会が何度もあります。

何が起こるか分からないのが受験というものです! 自分には早稲田は無理だろうと決めつけず、挑戦してみてください! 春に一緒に紺碧の空を歌いましょう。早稲田で待っています。

AO入試で合格をつかみ取りたい人は以下をクリック。

記事内広告




記事内広告





-文化構想学部
-, , , , , , ,

Copyright© 早稲田の杜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.